沖縄に行くときは羽田空港?成田空港?どっちを使う?

沖縄旅行
スポンサーリンク

関東に住んでいる方は羽田空港または成田空港のどちらかを使用すると思います。みなさんはどちらの空港を利用ますか?そしてなぜですか?

それぞれの特徴を知って賢く使いたいですね。

スポンサーリンク

安く行きたいならLCCが就航している成田空港を使え!

なぜ成田空港だと安いのかはLCCが就航しているからです。なぜLCCは成田空港に就労しているかは、羽田空港よりも都心から離れているのであらゆる費用(空港に払う諸費用等)が安いからです。

では下の図で説明します。

成田空港=LCC(ローコストキャリア)=安い

羽田空港=ANA、JAL(レガシーキャリア)=普通

「時間がある」&「安く行きたい」&「席が狭い」それでも大丈夫という方はLCCの成田空港が合っていると思います。

私は羽田空港をメインに使っています

私は北関東に住んでいるて羽田も成田もどちらも利用できます。空港までは高速バスで行きますが、羽田空港までは3時間、成田空港までは3時間半となります。その差は30分です。バス料金は成田空港行きの方が少し高いです。

私の場合は羽田空港を使う方が、時短にもなり、バス料金も安いです。

バスの中では目は閉じていますが熟睡はできません。移動時間は無駄時間なので、できるだけ短時間で済ませたいです。

空港ではラウンジを使用します。羽田空港はセキュリティーを過ぎ、飛行機乗り口に行く途中にあるので使い勝手がいいです。

しかし成田空港はLCC乗り場(第3ターミナル)にないので、隣の第2ターミナルに行くのですが、歩いて15分かかるので少し面倒です。行って帰って30分の移動時間になります。

第3ターミナルから第2までの移動↓

公務員の方はJCBビジネスカードが年会費無料で作れます。特典としてラウンジが無料で利用できますし、国内旅行、海外旅行の保険にも無料で加入できます。

 

公務員は必見!無料で空港ラウンジサービスを使う方法。
空港にラウンジルームがあるのはご存知でしょうか。いかにもVIP専用的な看板があり、スーツ姿のサラリーマンが次々に入っていきます。看板にはゴールドカードを持っていれば入れる的な事が書いてあり、「自分もいつかは入れるようになりたい!」と思ったも

片道1万円くらいで行けたら満足

航空料金は安ければ安いほど助かるのですが、私の中での予算は片道1万円くらいです。一応働いていて普通に給料をもらっているので、安さよりも、ほどほど快適を選ぶようになりました。私のメインはスカイマークです。

スカイマークは2015年1月にに経営破綻しました。しかし復活して営業を続けています。スカイマークのいい点は羽田空港を使えて更に値段がお手頃な点です。

スカイマーク値段表↓

2か月前の予約であれば1万円くらいで、割と出発時間の選択肢を持って買うことができます。

ANAやJALでも早割を利用すれば1万円くらいで買える

早割だと予約の変更ができなかったり制約もありますが、急な変更等はめったにないので、そのリスクは飲み込みます。ANA、JALで希望の出発時間で1万円ちょいで買えたら間違いなく買いです。

ANAの値段表↓

ANA、JALだと安心感がありますよね。飛行機の事故が起きる確率は交通事故よりも低いと言われますが、万が一に起きた場合は死につながるので、信頼できる会社を使いたいものです。

仮にですが、ANA、JALで事故が起き、最悪の事態になっても、両会社は一部上場しているため資金力があり問題なく補償できると思います。

しかし、スカイマーク側の過失で事故が起きたら、補償面は少し不安です。補償できずにまた経営破綻なんてことになったら目も当てられません。(スカイマークさんごめんなさい)

時々成田空港も使うと楽しいよ

メインは羽田空港ですが、時々成田空港も利用します。例えばANA、JAL、スカイの航空券が高い場合です。私の判断基準1万5千円以上なら、成田空港のLCCを兼行します。オプションで足元が広い席にグレードアップしても+1500円くらいです。足元が広いととても快適なのでおすすめです。

LCCは第3ターミナルを利用します。第3ターミナルにはフードコートが入っています。リンガーハットや宮武讃岐うどんもあり楽しいです。ローソンもありますよ。

私はお店を見るのが大好きなのでウロウロ散歩して楽しんでいます。

 

沖縄に行くときは羽田空港?成田空港?どっちを使う?のまとめ

両空港までの時間と交通料金に大きな差がないことを仮定すると、

安く行きたいならLCCが就航している成田空港を使おう。

快適な旅を求めているならANA、JALが就航している羽田空港を使おう。

早期予約で安くANA、JALの航空券がゲットできれば一番いい!

沖縄旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
紅いも大使をフォローする
スポンサーリンク
投資&沖縄旅行で幸せに生きる
タイトルとURLをコピーしました