国から教えてもらう「ふるさと納税」のお得な自治体

毎日ほしい琉球休暇の紅いも大使(@okinawa33retireです。

ふるさと納税とは自己負担額2,000円で自分が応援したい

自治体へ寄付するこであり。俺に返礼品をいただける場合もあります。

自己負担額2,000円で済ませるには、上限額が決められています。

この記事の下の方に計算表のリンクがあります。

収入が多い人ほどお得になる仕組みになっています。

(参照:ふるさとチョイス)

 

平成30年7月6日自治税務局市町村税課よりお得なふるさと納税の

自治体一覧表が発表されました。

 

3割以上のお返しをしている&特産品ではない返礼品のリストです。

つまり言葉を裏返すと・・

  • お返し割合が3割以上でとってもお得な自治体
  • 特産品でなくみんなが好きであろう品をプレゼント
  • 10億円以上の寄付がありみんなに人気です。

自治体には圧力がかかるかもしれませんが、

ふるさと納税利用者にとってみれば、お得な情報ですね。

一例を見てみましょう。

私が去年まで納税していた静岡県小山市です。

 

  • サーティーワンアイス商品券
  • 返礼率 40%
  • 券なので腐らない&保管場所の必要なし


  • リンガーハット商品券
  • 返礼率 40%
  • 券なので腐らない&保管スペースの必要なし


上記2つはとってもお得です。

自己負担額が2,000円に対して数万円分の金券が

もらえます。

特産品ではないとなっておりますが、実際には

工場があり、現地で商品を作られています。

小山町にも言い分はありそうですね。




 

 

 

商品券の使い方としては

  1. 自分で使用する。
  2. 他人にプレゼントする。
  3. 金券ショップでゴニョゴニョする。

考えられます。

子供にサーティーワンアイスの商品券をあげると

すごい喜びますよ!!

 

まだふるさと納税を行っていない方は自分ができるかどうかの

チェックくらいしてみてはいかがでしょうか。

こちらで簡単趣味レーションできます。

さて、ふるさと納税の将来についていですが、

この制度はお得過ぎると思います。

目的が寄付ではなくて、「返礼品」となっている現状があります。

恥ずかしながら私もその一人でです。

今年はどこがお得かな~って探してしまいます。

自己負担2,000円で数万円の物をいただいて

いいのでしょうか。それは寄付ではありません。

本来の目的である「好きな自治体を応援」することに主眼を

置くのであれば、返礼品はなしが妥当かと思います。





 

私は近いうちに、ふるさと納税が「なくなる」もしくは「返礼品の改悪」が

行われるのではないかなと思っています。

みなさまは、今のうちにこの制度を活用して

ふるさと納税を楽しみましょう。

 

全てはアーリーリタイアのためっ!!!