本当においしい沖縄グルメ

 

沖縄料理ってイマイチって人いませんか?

景色ナンバーワンは沖縄、食べ物ナンバーワンは北海道とも言われたりします。

もちろん沖縄の中でもおいしいお店はあります。

沖縄に年に4回以上行く、しっちゃんのおいしいと思うお店を紹介します。





 

 

 

南部そば」(沖縄そば・糸満市)

私は以前から沖縄そばの麺がもったいないなぁと思っていました。

もっとコシがあれば本土の人もおいしいと言ってもらえるのになぁと

思っていて、ついにコシのあるおいしいお店に出会うことができました。

いろいろなお店で食べましたがナンバーワンはここです。

ポイントは生めんを使っていることです。

普通のお店は茹で麺を使用していますが、こちらは生めんでシコシコしています。

沖縄そばの麺がイマイチって人は是非行ってみてください。

おすすめは「てびちそば」です。トロトロのてびちが(゚д゚)ウマー

こちらのお店はお取り寄せができます。

 

「歩」(サーダーアンダギー・牧志公設市場2階)

サーダーアンダギーはバサバサしているイメージはありませんか。

サーダーアンダギーのナンバーワンはこちらのお店です。

ポイントはピーナッツパウダーを使っているのでとっても香ばしいです。

以前はアーモンドパウダーを使っていたのですが、日々進化しているようです。

 




ゆいレール1日券を最大限に使い倒す方法

那覇空港から首里までつながっているゆいレールはレンタカーを使わずに観光する人にとっては欠かせない交通手段です。

700円なので4回以上のるなら元が取れそうですね。

この1日券は意外と使えます。

・首里城見学820円→660円(△160円)

・玉陵見学では300円→240円(△60円)

などなどお得です。

さらに、一番のポイントは有効期限は24時間有効なんです←ここ重要!

午後から観光する人は次の日も使えるんですね。すばらしい!!

 

とってもお得な1日券ですが、少し気になるのが改札です。

Suicaやパスモはまだ使用できません。

そして改札機の読み取りはQRコードなんです。

これは、改札機の小さな画面に機械の切符に印刷されているQRコード(バーコードみないなもの)読み取らせます。

メリットは紙つまりがない。導入費用が安いことがあったのですが、

みんな使い方がわからず、大きなボードを持説明員を配置する始末・・・

おそらく導入する前は

「すごい便利だ。紙つまりもなし。導入費用も安くて良いことだらけじゃないか」

なんて話されていたことでしょう( ´艸`)

でも慣れてしまえば問題ありません。

ゆいレールは今後延長が予定されており、浦添までつながります。

沖縄の発展に大切なゆいレール。みなさん賢く使用しましょう。

ブログのはじまりはじまり

大好きな沖縄に年に4~5回は行っていますが、

全然物足りなーい!!

こうなったなら内地(本州)と沖縄の往復生活をするしかない。

でもそんな生活をするにはお金も必要。

仕事だってどうするの? 家族は?

いろんな問題が出てきますが、なんくるさいさぁ!