夫婦別財布で円満リスク分散

未分類
スポンサーリンク

私は結婚する前から夫婦別財布を決めていました。固い決意がありました。なぜそのような決意を持ったかと言いますと・・・大学の教授の教えです。

「奥さんに財布を握らせると、頭が上がらなくなる」

大学4年間勉強して、一番勉強になった言葉です( ´艸`)

この言葉が一番記憶に残っています。いや、この言葉しか覚えていません。私は経営学部でしたので、まさに経営の芯を学び取りました。

スポンサーリンク

財布の管理方法

さてさて、では実際に夫婦別財布はどのように管理しているかと言うと共同財布を作っています。お互いに月額として食費3万円、家賃2万円入れます。この財布で食費や家賃を支払います。光熱費は全て私が全部払っています。足りない分は共同財布にいれる額を増額します。

ここに少し不満があります。私と奥さんは同じ会社なので、給与はほとんど同じです。少しばかり残業をしている私の方が多い程度です。なのになぜ光熱費は全額私が払わないといけないのか。金額で月額2万5千円程度です。

奥さんに主張すると「ちっちぇえ男だなあ・・」と軽蔑の目で見られます。ちっちゃくてもいいんです。払うものは払ってもらいたい!

以上我が家のお財布事情でございます。お見苦しい・・

話を戻しまして、夫婦別財布についてですが、意識的にこのまま続けていこうと思います。私は投資をしており、資産の半分以上は投資をしています。

株価や為替が大きく動いたら、さらに投資額を増やす予定です。逆に奥さんは投資をしません。無駄に高い洋服をバンバン買っているくせに投資反対派です。

もし、私が資産を大きく減らすことになったら、奥さん財布を頼ることができます。いわば、私の財布は投資用で、奥さんの財布は現金用です。これはリスク分散です。夫婦で末永く幸せに生活していく方法だと考えています。

夫婦別財布の問題点

夫婦別財布には問題もあるます。それは奥さんの権力の増加です。奥さんが働いていると、それなりの資産を持つことになるので、夫婦生活が嫌になると離婚しやすい環境にあると言えます。特に看護師の離婚率は高く感じます。

なぜって、離婚しても生活できる給料を稼げるからです。なので自分が気に入らないとしっかり反抗してきます。奥さんは私より7歳年下なのですが、先輩の私に対して全くリスペクトがありません。

現状は私から奥さんに、現在の投資額や現金保有額を説明し、財布事情をオープンにしているので問題はありません。

これから子供がでた場合、洋服代や教育費はどのような負担にするのか、またしっちゃんが投資を辞めて財布を一つにするかもしれません。

みなさんは財布は誰が管理していますか?またどのような考えてそのようにしていますか?

教えていただけると大変喜びます。

 

財布の分ける最大の理由は奥さんの浪費癖が原因というのは内緒です( ´艸`)

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
紅いも大使をフォローする
スポンサーリンク
投資&沖縄旅行で幸せに生きる
タイトルとURLをコピーしました