決めた!このソーシャルレンディング業者でいく!!

「ソーシャルレンディングは分散が命!」

たくさん分散すればリスクが分散されると聞きますよね。

しっちゃんもいろんな業者に分散して口座もたくさん開きました。

そして多くの案件に少額投資しました。

しかし、最近は業者の選択をするようになりました。

10社くらいに分散していましたが、5社に絞り込みました。

なぜそうしたかというと、事業者リスクです。

ソーシャルレンディングで一番のリスクは事業者がつぶれてしまうことです。

万が一、案件が貸し倒れになっても担保があったり、保証があったりして

致命傷にはならないと思います。

しかし事業者がダメになったら、その事業者に投資中の案件は全てダメになります。

事業者リスクについて考えさせられたのは、

「みんなのクレジット」と「コインチェック」の事件です。

みんクレには投資していませんでしたが、

恥ずかしながらコインチェックには20万円入れていました。

今後の戦法としては、安全性が高い事業者を選び、

その中で案件を分散させようと思います。




 

それではどこの事業者を使うかと言いますと、

①LCレンディング (親会社が上場している)

②オーナーズブック(上場している)

③maneo(有名企業が株主になっている)

⓸プレリートファンド(maneoとの仲が良い)

⑤SBIソーシャルレンディング(SBIグループ)

です。①~⑤の事業者を中心に投資しようと思います。

それ以外の事業へは投資しないのではんく、面白い案件や、

記念で利回りが高い案件は少し狙っていこうと思います。

 

そして狙う利回りですが、5~7%を中心にしようと思います。

いろんな人の話(投資家、事業者職員)を聞くと10%以上の

案件は少しリスクがあるように思えます。

しっちゃんはカメさんのごとく、低いリスクでノシノシ進んでいきたいです。

 

運用期間は6~12カ月をメインにしています。

短い期間の方が安心できますが、年間利回りが低くなってしまいます。

短期間で申込と償還を繰り返すと、申込日から貸付開始日まで空白期間が発生するため

効率的ではありません。

しかし、24カ月や36か月にも長期間なると、景気状況や事業者が

どうなっているのか予想できません。

ちょうどいいのが6~12カ月だと思います。

まとめると

事業者:①LCレンディング

    ②オーナーズブック

    ③maneo

    ④プレリートファンド

    ⑤SBIソーシャルレンディング

年間利回り:5~7%

運用期間:6~12ヶ月

これが今の自分に合っている投資方法です。