ラッキーバンクの行政処分から考える事業者リスク

みんなのクレジットの次はラッキーバンク問題・・・・

ソーシャルレンディングにとって問題がポチポチと出始めました。

ラッキーバンクは「業務改善命令」となりました。

 

 

業務を改善することで業務を続けて良いとの判断と私は受け取りました。

ちなみに、みんなのクレジットは「業務停止処分」です。

これは投資する方にとってみれば、事業者先を選定するいい機会になったと

自分は思っています。

しっちゃんはラッキーバンクに75万円投資していたので、

正直、胸をなでおろしました。

 

 

ソーシャルレンディングの最大のリスクは事業者リスクです。

投資した案件がダメになっても、担保や保証によってダメージは

少なくなりますが、事業者が潰れたら投資している案件が全部パーになります。

親亀こけたら子亀もこけます。

そうなると、安全な事業者の選定が大切になります。

 

 

安全な事業者の見分け方としては

・会社の規模 ・財務状況 ・社長の人柄 ・株主 を見ています。

より安全な事業者の中から、より安全な案件を選びたいですね。

でも、またには面白い案件にも手を出したりしてソーシャルレンディングを

楽しみたいですね。